本文へ移動

クリアさんの窓の店オフィシャルブログ

騒音は「窓」から解決しましょう!

2021-02-22
コロナ禍になってから、自宅にいる時間が増え今まで気にならなかった「騒音」の問題で悩まれる方からお問い合わせをいただくことが多くなりました。
壁からも騒音の振動は伝わりますが、まず開口部である「窓」の対策が第一になります。

そこで、お勧めしたいのが内窓「PLAST」。
国内ではアルミサッシメーカーの内窓が主流ですが、実はこの「PLAST」の製造元「大信工業」はヨーロッパの樹脂製窓を参考に日本で「内窓」という製品を最初に発売した気密材のメーカーなのです。
ですから、他のメーカーに無い構造、設置方法から生まれる高断熱と優れた防音性で、「内窓」ではNo1クオリティーを持つ製品と言っても過言ではありません。

今回、高速道路に近くにお住いのお客様から「PLAST」のご依頼がありました。
できるだけ防音効果を高めたいというご希望でしたので、防音合わせガラス(日本板硝子のソノグラス)で最も厚い12ミリを使い、外窓と内窓の間隔を広く取るために65ミリの増枠を使用した、防音窓としては最も効果的な方法での設置を選択しました。

増枠を使う場合は、内窓の重量に耐えられるように下枠に補強を使う場合がありますが、今回は重量と増枠のサイズから「束(つか)」を使った補強としました。
施工前
施工後
「プラスト」では補強については規定のものが無いため、建具屋さんに依頼した造作材にオイルステインで塗装した完全オーダーの束で対応しました。
「束」はできれば無いほうがスマートですが、防音のためならいかしかたありません。

今回は防音合わせガラス「ソノグラス」12ミリを採用したので開閉の重さに多少心配がありましたが、設置してみると意外にスムーズに可動ができ一安心しました。
高速道路沿いに設置した内窓「プラスト」
また、「ソノグラス」は合わせガラスなので、防災・防犯にもなるのです。
防音のための中間膜でガラスが割れた際の飛散防止の効果に優れた力を発揮し、侵入への抑止力も「防犯ガラス」並みの効果があるのです。
さらにこの中間膜のおかげで紫外線も100%近くカットする効果もあります。

もちろん、内窓の効果としての断熱性能は環境省の建物でも採用されたほどの実績を持つので、特に性能重視の方には断然おすすめの製品です。
断熱効果は冬だけでなく夏のエアコンの効率も高めるので、1年を通して快適な暮らしで過ごせることを考えるとその費用対効果ははかり知れないほどになります。

今なら、グリーン住宅ポイントも使えばお得にご購入いただけるチャンスです。*50,000ポイント以上で申請可能。
お客様に代わって申請業務を承りますので、お気軽にご相談ください。
************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
2
5
2
8
3
2
TOPへ戻る