本文へ移動

クリアさんの窓の店オフィシャルブログ

窓から暮らしを広げる

 過去のブログページはこちら
2020・12/12以前のブログはこちらからご覧いただけます。お手数ですが、バナーをクリック!

遅ればせながら「テレワーク」をしています。

2021-06-12
テレワークは快適な室内環境から
コロナ禍の中、全国で「テレワーク」という今までになかった仕事の形態が生まれました。
それでも、やはり職種によっては「テレワーク」にできないものも多々あり、主にデスクワークが多い仕事に限定されているのが実状です。

考えてみると、社内にいることのもっとも大きなメリットは簡単にコミュニケーションが取れることでした。

そんな中、私も遅ればせながら昨日から「テレワーク」を始めることになりました。
以前からお客様のほとんどがWEBを介する方だったこと、それによってお見積もりやご契約もほぼメールのやり取りで完了できるからこそ「テレワーク」への移行ができたのでした。
もちろん、採寸・製品取付においては現場(お客様の住宅)がメインであることは言うまでもありませんので、担当部署によっては「テレワーク」は不可能です。また、私が現場に出向くこともありますので、仕事のすべてを自宅というわけにはいきません。


ここで実際に「テレワーク」をしてみて感じたことをお伝えします。

*仕事の大半はPC作業なので、ほぼ社内と同様の仕事が可能でした。
*コミュニケーションは電話・スカイプやZoom、メール、チャット、共有フォルダーがあればほぼ可能でした。
*弊社の場合お客様にご来店いただくこともあるので、その対応については別の部署の人でも可能になるよう事前に情報を共有することが大事でした。
(ご来店はできる限り予約制ですが、突然のご来店でも対応できるようにしています。)
*対面型だと、言い忘れや思い違いなどが発生しやすいが、メールを主なコミュニケーションにするとそのようなうっかりが無くなりました。
ただし、直接会って会話をするよりニュアンスや思いが伝わりづらいので、内容を間違いなく文章化することには手間がかかります。
*社内にいなくては気づけない問題もあるので、すべてを「テレワーク」にすることにはデメリットもあります。

以上私が2日間の「テレワーク」で感じたことです。
今回、私が2週間の「テレワーク」に移行することは、社内及び現場で今まで通りの仕事をしている社員さんがいてくれるからこそできたこと。
また、現在の室内環境が「テレワーク」に適しているからこそストレスをあまり感じませんでした。

一方、家族の多くが自宅にいる状況や騒音など仕事に集中することが難しい状況ですと、「テレワーク」は辛いものになってしまいます。

コロナ禍が生んだこの状況は、企業の生き残りの観点からもこれからのスタンダートになっていくことをいろんなところで耳にします。
効率を重んじるのも重要ですが、その反面で人の心を置き去りにしては肝心なところで問題が発生することもあります。

厳しい時代だからこそ、「新しさ」と「今までの良さ」をバランスよく丁寧に織り交ぜながら、お客様に喜んでいただけるよう学びを続けていきたいと思っています。




*期間:6/7~7/26 「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(既存住宅における断熱リフォーム支援事業)」

制度についてのポイントは以下の資料をご覧ください。 公募情報



************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

環境省補助金 二次公募が6月7日からスタートしました。

2021-06-11
断熱性能が高いと結露も軽減できます。
環境省の補助金事業が始まりました。

6月7日~7月26日の申請期間で「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(既存住宅における断熱リフォーム支援事業)」の受付が始まりました。

交付決定に2カ月ほど要するため工事契約は9月以降になります。
ちょうど秋口の工程なので、冬の寒さや結露対策に窓リフォームを計画されていた方には最適なタイミングです。
*次回は11月ごろの申請期間なので来年の2月以降が工事時期になります。今年の冬に間に合うには今回がお勧めです。

近年の住宅では断熱性能を考慮した断熱サッシ+「ペアガラス」や「LowEペアガラス」が標準仕様なので、比較的若い世代の方のお住まいは「暖かく」「涼しい」のですが、一方15年~30年以上前に建てられた住宅では残念ながらは1枚ガラス仕様の寒くて暑い住宅なのです。本当は年齢を重ねた方こそ健康寿命のために快適な室内温度の中で過ごしていただきたいのですが…

「暑さ」・「寒さ」がもっとも多くお部屋に入るのが「窓」。
今あるお家をできるだけ効率よく断熱化するには「窓リフォーム」が最も効率の良い方法です。
環境省の補助金ではすべての窓の断熱化が条件になりますが、補助単価(環境省が定めた工事別製品の単価)の1/3が工事完了後に還付されますので、
もっともお得な制度になります。

また、内窓やサッシ交換で住宅の一部を窓リフォームする場合は「グリーン住宅ポイント」(国土交通省)(50,000ポイント以上・大きさと種類によるが3~5窓以上)がお勧めです。

6月に入ったばかりですが、すでに熱中症で救急搬送されている方もいるほど今年の夏も厳しいものになることは明らかでしょう。
1枚ガラスからじりじりと入って来る「日射熱」を遮り、エアコンの効率もグーンとよくなる「窓リフォーム」は、「寒さ」・「暑さ」のストレスも軽減でき健康で快適な暮らしをお届けします。
*期間:6/7~7/26 「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(既存住宅における断熱リフォーム支援事業)」

制度についてのポイントは以下の資料をご覧ください。 公募情報


************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

内窓の効果って?

2021-06-05
梅雨入りはまだですが、どんよりした雲にさえぎられて山間から昇るまぶしいばかりの朝日になかなか出会えない毎日が続いています。

さて、何度かこのブログにも書かせていただきました「内窓」ですが、相変わらず多くのお問い合わせをいただいています。

今日は、内窓に入れる「ガラス」についてお話をしたいと思います。

まず、弊社にお問い合わせをいただいた中で「内窓」に求められる性能として最も多いのが「騒音」のお悩み。
続いては「寒さ・暑さ」のお悩みになります。

実は、内窓はその中に入れる「ガラス」により性能に大きな違いが生まれるのです。
窓は光と風を通す大切な場所
弊社でオススメしている「内窓」と「ガラスの組み合わせ」をご紹介します。

①「騒音」で悩まれている方には、「内窓プラスト」(大信工業製)+「防音合わせガラスソノグラス」(日本板硝子製)

②「寒さ・暑さ」で悩まれている方には、「内窓プラスト」(大信工業製)または「内窓プラマードU」(YKKap製)+「ペアガラス」・「LowEペアガラス」・「アルゴンガス入りLowEペアガラス」

③「騒音+寒さ・暑さ」対策の方には、「内窓プラスト」(大信工業製)+「真空ガラスクリアFIT」(日本板硝子製)


現在、申請真っ最中の「グリーン住宅ポイント」では上記①・②・③のすべての組み合わせが対象になるのが「4~7地域」(首都圏・関東では多くの方が対象地域 )にお住まいの方。
また、「1~3地域」(寒い地域:山間部や北部地域の一部)にお住まいの方ですと②・③の組み合わせである「ペアガラス」以上の断熱性能を持つガラスが必須になります。
防音に最適な「ソノグラス」
今回のグリーン住宅ポイントの趣旨としては「環境」に配慮した省エネ製品の普及ですが、「騒音」のお悩みを解決しようと①の組み合わせを採用したとしても、内窓という構造上その高気密性から計らずしも「省エネ」につながり、「4~7」地域の方に限りますがポイント対象製品になるのです。

昨年末の工事契約分からスタートした「グリーン住宅ポイント」ですが、5月から申請受付が始まり弊社でも先日窓口に行き数件の申請を済ませてきました。
申請期限は10月末ですが予算に届いたところで終了になりますので、9月には申請を完了するぐらいの余裕を持った工程をお客様にお勧めしています。

最近、「もっと早くお願いすればよかった。」とお客様によく言われることがあります。
コロナ禍の今お家にいる時間が長いからこそ、たった1日の「窓リフォーム」でお客様の今までのお悩みを解決してみませんか。

*環境省補助金について(現在申請受付は終了しています。6月に申請受付予定ですので後日ご案内いたします。)

************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

エンドユーザー様向けの販売から20年の節目に思うこと。

2021-05-31
エンドユーザー様から窓のリフォーム工事を受注する形態を社内(以前の会社で12年、現在の会社で8年)に構築してから20年が経ちました。
 
実は、サッシ・ガラスを販売するほとんどの会社は、エンドユーザー様から直接発注を受ける「元請け」の建設会社から、開口部に関わる製品のみを受注する「下請け」という役割です。
 
具体的には建設会社の監督さんからの指示のもと建築図面上の製品、また内容によっては変更する場合もありつつ、現場に納入・取り付け(通常は非木造サッシは取り付けまで、木造用サッシは搬入まで)をさせていただくのが我々サッシ販売会社の仕事になります。
 
現在、弊社の場合では建設会社の下請けとしての機能が80%、エンドユーザー様向け製品の販売が約20%という比率で運営しています。
 
製品はにおいては開口部に関わる金属製や樹脂製サッシ、各種機能性ガラスという点で重なるものも多いのですが、その販売方法にはほど遠い違いがあります。
窓は光と風を通す大切な場所
弊社で受注する非木造用サッシは図面に基づいて製作するオーダーメイドサッシのため、技術的には熟練を要するものですが、プロである監督さんの指示を受け綿密な打ち合わせをしながら工事を進めていくという流れになります。
 
一方、エンドユーザー様に直接販売する場合では弊社がお客様のお悩みから最も適する製品をご提案し、採寸⇒発注⇒現場設置までという流れになります。しかも、お客様のご要望は多岐に渡り、状況も一物件ごと異なるため、20年という歳月を経てもなお初めてのことに遭遇する経験が多々あります。
 
それでもなお、エンドユーザー様に対する販売を続けてきたのには、その困難さを乗り越えてでも達成できる喜びがあるからこそなのです。
 
結露のお悩み
防犯のお悩み
安心して換気を取り入れたいお悩み
「騒音」、「防犯」、「防災」、「寒さ・暑さ」、「結露」などお客様の暮らしにとって多くのストレスを生み出す様々なお悩み。
そのお悩みを解決するために、費用対効果の高い製品を選定、間違いのない正確な設置工事を完了するまでがお客様から私共に託された任務です。
だからこそ、お客様の期待を裏切ることなくさらにご満足いただける工事を終えた時は、お客様の笑顔と同時に私共もそれ以上の幸せを実感する瞬間なのです。
 
あれから20年という歳月が流れましたが、その喜びと達成感は昔も今も変わりません。
 
この仕事に関わるたくさんの人たちの尽力に日々感謝しながら、何より弊社を選んでいただいたお客様を宝物に、これからも進んでまいります。

*環境省補助金について(現在申請受付は終了しています。6月に申請受付予定ですので後日ご案内いたします。)

************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

国と地域が推奨する「人と地球」のための窓リフォーム

2021-05-28
申請書類ごと手引きをもとに作成します。
5月14日に窓リフォームの補助金の中で最も補助率の高い「令和2年度補正予算既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(環境省)の受付が終了しました。過去にも同様の支援事業は継続的に実施されていましたが、今回の申請については今までにない反響でその対応に追われる日々でした。

テレワークをはじめ室内で生活する時間が長くなり、これまで気づかなかった室内環境の悩みを何とかしたいという思いは多くの方に共通したものでした。

現在、環境省の支援事業は締め切られましたが、6月には新しい事業がスタートする予定だそうです。
また、東京都をはじめとする多くの地域でも同様の補助金制度があり、併用することも可能です。

申請書類の作成では専門的な事項も多々あるため、お客様ご自身が申請するにはかなりの労力を費やすものです。
そこで、私に代理申請をお任せいただけますと、お客様はいくつかの情報や住民票、施工前後写真などを弊社にメールで送っていいただくだけで申請が完了できます。

現在その受付が始まった「グリーン住宅ポイント制度」も同じく代理の申請を承っています。
「グリーン住宅ポイント制度」では50,000ポイント以上という条件はありますが、すべての窓のリフォームが条件の環境省の補助金に比べてハードルが低いので多くの方にご利用いただける制度です。



結露を抑えるのも「ガラス交換」で
以下、制度とその併用についてご案内いたします。

1)環 境 省
補助対象経費の1/3が補助(各製品による決められた単価×平米数)、すべての窓の断熱リフォームが条件
2)各 地 域 
各地域によります。例えば東京都では工事金額の1/6が補助、1居室全ての窓のリフォームが条件
3)国土交通省 
50000ポイント以上で申請可能。WEBカタログでポイントの製品と交換、または防音・換気・防災など生活向上のためのリフォーム工事代金と交換

*併用可能:1)と2)・2)と3)
*併用不可:1)と3)

上記の制度を使った窓リフォームでは「ガラス交換」・「内窓設置」・「外窓交換」・「玄関ドア交換」が対象ですが、制度または地域によって対象製品が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

まだまだ知られていない補助金制度ですが、これから窓のリフォームをお考えのお客様にはこのようなお得な制度をぜひご活用いただきたいと思います。

このところ補助金の申請書類の作成に明け暮れている私ですが、お客様の笑顔を思い浮かべながらパソコンに向かう日々です。
仕上がった書類を締め切りに間に合わせてポストに投函した時こそ「最高の達成感」を味わう瞬間なのです。
*環境省補助金について(現在申請受付は終了しています。6月に申請受付予定ですので後日ご案内いたします。)

************************
◆ 防音でお悩みの方に*内窓「PLAST」のご紹介
 
 
◆  ショールームのご予約はこちらから *内窓「PLAST」の実物がごらんになれます。
 
◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は
  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。
  ・電話番号:0120-236-685
   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
0
6
7
7
6
6
TOPへ戻る