本文へ移動

クリアさんの窓の店オフィシャルブログ

侵入抑止なら「防衛くん」です!

2021-10-15
カテゴリ:窓
侵入抑止と言えば「防衛くん」

室内取り付け型・開閉式防犯シャッターの「防衛くん」を開発した錠前会社の元会長さんのお話をご紹介します。

 実は自宅にドロボウが入りました。事件当日は家族が不在で、夫人は一人で家にいたのですが、午後の8時にもかかわらず消灯していたため、侵入者は安心して犯行に及んだようです。
夫人と侵入者は暗闇で鉢合わせになり、幸い侵入者は自分の思惑に反して人がいたため、夫人を突き飛ばし慌てて逃走したといいます。
事件後、夫人はその時の恐怖体験と防犯対策を元会長に強く訴えました。お恥ずかしい話ですが、入られて初めて防犯の大切さに気が付きました。

セキュリティシステムはドロボウが入ってから警備員が駆け付けますが、それでは遅いのです。
玄関のカギはもちろん交換しましたが、それでも不安で悩みに悩んだ末、外につけるシャッターを室内に取り付けました。
それでやっと安心することができましたが、そのため様々な問題が出てきました。
価格が高いことにびっくりし、室内の圧迫感や閉塞感もぬぐえません。

そこで、この体験を生かし、低価格で自由に開閉でき、インテリアの邪魔にならない室内専用シャッター「防衛くん」が開発されました。
気軽に取り付けられることで、少しでも多くのご家族が安心して暮らせるようにと願いを込めて…。(今は亡き会長さんのお話でした。)



弊社ショールームの入り口でも採用しています。実物がご覧になれる数少ないショールームの一つです。
「防衛くん」は発売されてから20年近く経ちました。
以前はジャバラのつなぎの部材が金属製でしたが、お子様の「指はさみ」の危険性を考え強固な樹脂製にするなどマイナーチェンジによる進化もしています。

ポイントは500kgの圧力に耐える頑丈設計。
強度テストにより十分な耐久性と強度が実証されたアルミ素材で製作されていますが、軽量化することでスムーズな動きが実現されました。

逮捕されたドロボウの聞き取り調査によれば、90%が「侵入に手間どる家は避ける」と答えています。*(財)都市防犯研究センターより
「防衛くん」の堅牢なたたずまいは室外にもダイレクトに伝わりドロボウを牽制します。


 

たたむとこんなにコンパクト。カーテンでも隠せます。
10件のうち1件は一度はドロボウに入られているという調査結果も出ているほど「我が家は大丈夫。」とは言えない現実があります。

「防衛くん」は金銭だけでなく、大切な命を守るツールになります。

ぜひお客様の防犯対策の一つとしてお考え下さい。


************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
0
8
8
4
3
6
TOPへ戻る