本文へ移動
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
0
4
1
3
2
1

木製建具・内装のリフォーム

築70年の漆喰壁と柱の塗装で趣のある和室になりました。

O様邸
畳を外したリフォーム前の状態です。漆喰壁は汚れと傷み、梁や柱も所々に染みがあるために長い間居室として使われてはいませんでした。
漆喰壁はローラーで仕上げる「アレスシックイ」という「塗料状態化した漆喰」を使いました。施工性がよいので短期間で仕上がるため低コストでありながら本格的漆喰に引けを取らない仕上がりとなりました。
奥の納戸との境は引違いの木製建具でした。写真は取り外した後の状態です。
壁面を広くするために新しい木製建具は片引きにしました。和のイメージを出すために「千本格子」のデザインを採用、さらに透明ガラスを入れることで奥の部屋とのつながりを持たせ解放感をわずかに感じられる建具にしました。
奥の納戸は洋服や布団などを収納できないことがお悩みでした。写真はクローゼットの壁を作っているところです。
クローゼットのために畳の一部をフローリングにし、新たな壁と折戸を設置して完成です。これで、洋服や布団も片付き奥様にもご満足いただきました。
2間の広い開口部にはプライバシーと侵入抑止のために「セフティルーバーウィンドウ」を採用。ステンカラー色ですが和風イメージにも思った以上に溶け込み、逆に外の景色が映えるほど素敵で機能的な窓になりました。天井はクロス貼りですが、和紙調の流れるデザインのものを選びました。お施主様と悩んで決めた柄ですが、漆喰壁や柱の雰囲気とも合い唯一無二の和室になりました。

室内ドアでお部屋のイメージUPを

N様邸
ハウスメーカーの格子付きドアを新しいものに変えたいというご希望のN様にフルオーダーメイドのドアをご提案しました。
ドアや取っ手のアンティークなデザインと「かのぎやまん」のステンドグラスのコラボレーションで、うっとりするほどの美しいドアが完成しました。
室内側から見たドア。1枚ガラスに多彩な色感・模様・テクスチャーを融合した「かのぎやまん」のステンドグラスは、はんだ付けの本格的ステンドグラスに負けない芸術性あふれる装飾ガラスです。ドアの存在感がスゴイ!

建具と壁紙で見違えるお部屋に!

O様邸
格子の隙間からリビングの明かりが入ることで、キッチンとの一体感が生まれました。天井までの高い引戸は奥様のご自慢になりました。
キッチンの窓は格子入りのLowEペアガラスが入っています。格子が空気層の中にあるので、お掃除がカンタン。キッチンから外を眺める景色も、今までとは違って見えるようです。
建具採寸中
木製建具完成
今回のリフォームでは木製建具はすべてオーダーメイド。輸入のデザインガラスを入れた建具はキッチンを素敵に演出してくれました。
施工前
施工後
作り付けの家具と棚を撤去して、個性的なウィリアムモリスの壁紙を施工。また、今まではリビングとキッチンの間はアコーディオンカーテンで仕切られていましたが、オーダーメイドの縦格子の木製引戸(アウトセット・上吊り式)に変え、リビングのイメージが一新しました。

壁紙を変えただけで、友人を招きたくなるお部屋になりました。

E様邸
施工前
施工後
壁紙が古いためなんとなく暗かった室内を思い切ってイメージチェンジしました。一面だけウィリアムモリス、他はシンプルなベージュ色の壁紙にすることで、優しい雰囲気が溢れるリビングになりました。
 

こだわりの壁紙は

壁紙はウィリアムモリスの山桃柄。可愛い実のほんのりとした赤が差し色になって大人可愛い雰囲気。
ウィリアムモリスの壁紙の余りが出たので、少しだけキッチンの壁に使いました。お料理の時も気分が上がりますね。

今まで気になっていたところを全てきれいにリフォームしました

Y様邸
Y様ご夫婦

Y様邸では、木製建具の取替えをご依頼いただきました。

木製建具は明るい色調のメープルの化粧合板を使用。上吊金物のスライディックスを使ったバリアフリーの半自動ドア(※)は、高さがあるにもかかわらずほとんど力をかけずにスムーズに開けることができ、またく小さなお子様でもドアに制御がかかるため閉める際も安全です。
※半自動ドアは出入りの多い病院の診察室入口になどに良く使われています。また、ドアで必要な出入りのデッドスペースが要らないことも利点です。
木製建具
木製建具
 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0120-236-685
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る