本文へ移動

クリアさんの窓の店オフィシャルブログ

窓から暮らしを広げる

 過去のブログページはこちら
2020・12/12以前のブログはこちらからご覧いただけます。お手数ですが、バナーをクリック!

「住宅開口部グリーン化推進協議会」に入会しました。

2023-01-21
カテゴリ:窓
昨年12月、弊社は一般社団法人「住宅開口部グリーン化推進協議会」(通称:AGW)へ入会しました。
 
本協議会は昨年秋、2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けて開口部業界をあげて窓の断熱化に取り組む趣旨で窓に関わるメーカー数社と卸、販売店で組織され、マテックス株式会社の松本社長が初代会長になり発足した団体です。
 
2050年カーボンニュートラル、その中間目標である2030年のカーボンハーフの実現には住宅分野の脱炭素化、その中でも特に開口部の断熱リフォームは有効であり、CO2の排出量の抑制ばかりでなく人に、環境に、地域にとっても持続可能な暮らしやライフスタイルの提案活動としても期待されています。
弊社がこの「住宅開口部グリーン化推進協議会」に入会した経緯を簡単にお伝えさせていただきます。
 
「住宅開口部グリーン化推進協議会」の活動内容のひとつに住宅開口部に係る税制、補助金、その他関連施策に対する要望・提言があります。
 
メーカーの垣根を取り払った「住宅開口部」というくくりでの政府への提言はかつてないことであり、より公平性と連帯性を持った力強い組織として活動できる点、さらに「窓から日本を変えていく」という同団体会長の思いが弊社の理念と重なることから入会を決めました。
 


古くは10数年前から、「窓の断熱リフォーム」の支援制度として国の「減税制度」がありましたが、弊社では採用のハードルを下げるためにお客様の書類作成のお手伝いを積極的に行うなど地道な活動を行ってきました。
 
また近年では、国、都、県、区、市などで様々な補助金制度が構築され「窓の断熱リフォーム」の推進事業の拡大に力をいれていますが、弊社ではほとんどの制度に対応できるよう書類作成についての研鑽を重ねることで、多くのお客様と行政との橋渡しの役目を担ってまいりました。

今回「住宅開口部グリーン化推進協議会」への入会により、窓に関する最新の情報を取り入れながら補助金制度のさらなる普及に尽力していきたいと思っています。
 

国の大型補助金スタートの今年を「窓の断熱改修」の新しい時代の幕開けと捉え、快適と健康を目的にお客様と丁寧に向き合いながら、微力ですが地球環境問題にも貢献できる企業でありたいと思っています。
************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

お庭とリビングの一体感は真空ガラススペーシアで

2022-12-22
カテゴリ:窓
今回ご紹介するのは、昨年真空ガラススペーシアをご採用くださった八王子市のK様邸です。

2年前に緑あふれる八王子の郊外に築40年近い住宅を購入され、大規模なリノベーションを経たのが現在のお住まい。

ご友人のN様が2017年に弊社で真空ガラススペーシアのガラス交換をされK様にその良さを伝えたことがきっかけになり、お住まいのすべてのガラスをスペーシアに取り換えました。


スペーシアを入れるまでは「結露」で悩まれていたK様でしたが、今では寒い朝でも曇りのないスッキリとした透明なガラス面にとてもご満足いただいています。

さらに、リビングと庭の一体感が気持ちのいい室内空間を作り上げてくれました。

「結露」はカビによる健康被害はもとより、毎日の窓拭きの煩わしさ、そして曇ったガラスの影響による精神的な閉塞感。

結露の発生は私たちの暮らしにとってデメリットでしかありません。
北欧風の家具やインテリアに囲まれて暮らしを楽しんでいらっしゃるK様だからこそ、窓から見える景色の大切さを感じているようにも思えました。

窓から入る光、風、景色。そしてお部屋の優しい雰囲気が相まって、なんとも幸せなひとときを過ごさせていただきました。

来年、お庭が緑と花でいっぱいの季節にまたお伺いします。

K様、ありがとうございました。
トイレの室内窓は昭和レトロガラスを使用。ガラスを通した光が隣のお部屋を温かく包んでくれます。
小さな置物ひとつひとつがお部屋のイメージと重なり、北欧の空気感が伝わってくるようです。
*K様邸では、「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(環境省)・「家庭における熱の有効利用促進事業」(東京都 *リンク先は現在の制度です。)の二つの補助金制度をご利用いただきました。
(代理申請=株式会社クリア)
************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

朗報!令和4年度補正予算で新たな補助金制度が開始予定です。

2022-11-28
カテゴリ:窓
脱炭素社会に向けて断熱窓の設置は急務です。
*これからご案内する補助金制度は国の制度ですので、すべての地域の方が対象になります。また、東京都の補助金申請をすでに済ませている方(実績報告は未提出)、または予定している方も対象になります。


くわしくは
住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等(経済産業省・環境省)
こどもエコすまい住宅支援事業(国土交通省)

特に内窓で一般ペアガラス・LowEペアガラス入りをご検討の方には大変お得な制度です!!
その他の窓・ドアの断熱リフォームでもこどもみらい住宅支援事業よりお得になります。

以下、本制度のポイントをご案内いたします。

☆スケジュールについて

1)工事請負契約:令和4年11月8日~
2)【工事着工日】:令和4年12月中旬予定~令和5年3月(予算超過の際は途中で締め切りになります。) 
3)【交付申請】令和5年3月下旬~*工事後申請です。

☆申請は補助金額50,000円以上が条件


省庁ごと断熱レベルが異なるため、製品(例えば内窓・ガラス交換・外窓交換)や断熱レベル(内窓に一枚ガラス・一般ペア・LowEペアガラス)が混合した場合でも省庁を超えて一括申請ができます。

*補助金一例(以下は戸建ての場合。集合住宅の場合や寒冷地は以下の補助金額と異なる場合もありますので、詳細はお問い合わせください。)

内窓設置の例:単板入りガラス⇒小15,000円・中18,000円・大23,000円(国土交通省)
       一般ペアガラス入り⇒小20,000円・中24,000円・大31,000円(国土交通省) 
       LowEペアガラス入り⇒小30,000円・中47,000円・大69,000円(経産省・環境省)

ガラス交換の例:真空ガラススペーシア⇒小3,000円・中6,000円・大9,000円(国土交通省) 
       スーパースペーシア⇒小3,000円・中9,000円・大12,000円(国土交通省) 

外窓交換の例:アルミ樹脂複合サッシ⇒小20,000円・中24,000円・大31,000円(国土交通省)
       樹脂製サッシ+ペアガラス/アルミ樹脂サッシ+トリプルガラス⇒
            小51,000円・中76,000円・大102,000円(経産省・環境省) 

ドア交換の例:断熱ドア(採光あり)⇒小30,000円・大34,000円(国土交通省)
       断熱ドア(採光無・D2仕様)⇒小40,000円・大45,000円(国土交通省)


これから寒くなりますが、暖かい室内空間で快適にお過ごしいただくと同時に、省エネにもなり家計の負担も軽減、さらには脱炭素社会に向けての貢献といいことづくめの窓の断熱改修。

国も以前にも増して「窓の断熱化の普及」を進めています。この機会にぜひご検討ください。

*上記補助金についての詳細は事務局開設後(12月中旬予定)にUPします。

************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

静岡県御殿場市で内窓プラストを施工しました。

2022-11-07
カテゴリ:窓
静岡県御殿場市で内窓プラストを施工しました。

御殿場市は壮大な富士山を背景にした高原都市で、標高が高いことから寒さが厳しい地域でもあります。
10月中旬、市内のS様邸で内窓プラストの設置工事を行いました。
ホワイトの内窓でキッチンが明るくなりました。


今回は窓枠の段差や巾木があるため、調整材を使いながらふかし枠の隙間を無くして内窓の枠を取り付けました。
このような窓枠の形状は施工の難易度が高いため、取り付けの技術者だけでなくシーリング施工にも長けた職人さんを加えての総勢4名で7カ所の窓を仕上げました。

弊社ではお客様のご負担を少なくするため、通常は2日かかる工事でも技術者を増やして1日で工事を完了させています。

今回も、4名体制で夕方には完了することができました。
大きなテラス窓は最も寒さも音も入る場所。
以下お客様から頂いたご感想です。*2022/10/26

「電気代の高騰による暖房費の節約が内窓の主な目的だったが使ってみて、1日の温度差が3度以内(今のところ)、結露もなく(今のところ)、音も静かで大いに快適です。ありがとうございました。」
 
「概算見積、カーテンへの気配り、他品番へのアドバイス等誠実さを感じました。現場の職人さんたちも丁寧で気配りある仕事ぶりでした。ありがとうございました。また、機会がありましたらよろしくお願いします。」

「皆さんの誠実な仕事ぶりに感謝します。」
内窓プラストは防音効果バツグンの高気密なので寒さ対策には最適。
いただいたメールをすぐに技術者に伝えたところ、一同に「ニコッ」と嬉しそうな表情をしてくれたことが印象的でした。

窓枠はお客様の家によって形状・寸法が異なります。
ですから、窓枠の奥行も十分あり設置に何の障害物もない場合は比較的短時間に終了する場合もありますが、もちろんその反対で非常に手間のかかる場合もあります。

でもそんな難しい窓こそ、今まで蓄積した施工経験を活かしながらあれこれ工夫を重ね仕上げる醍醐味があるのです。

今回も思い出深い現場の一つになりました。

内窓プラストをご採用いただいたS様に心より感謝申し上げます。


*ただいま内窓プラストの採用には補助金制度が使えます。

************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

補助金を併用する場合のスケジュールについて

2022-09-14
カテゴリ:窓
脱炭素化社会に向けて補助金が充実しています。
こどもみらい住宅支援事業」の申請受付がスタートして約半年近くが経ちました。
今までも国土交通省による同様の制度(住宅エコポイントなど)が何年かごとにありましたが、今回の「こどもみらい住宅支援事業」が過去の制度と大きく異なるのはポイントによる商品との交換ではなく「補助金」が還元されるという点です。

国土交通省によると7月末時点で予算額1142億円のうち約1/3弱の321億円の申請が受理されているとのこと。現時点では予算にはまだ余裕があります。
窓の断熱リフォームは快適と健康を叶えます。
ここで、こどもみらい住宅支援事業の締め切りを考慮したスケジュールを考えてみました。*もっとも遅い申請パターンです。

☆2月上旬前現場調査ご契約3月上旬施工3月中旬~下旬こどもみらい住宅支援事業の申請(申請受付の最終日が3月31日




また、東京都の補助金制度のご利用と「こどもみらい住宅支援事業」との併用をお考えの方のスケジュールの場合は以下になります。*もっとも遅い申請パターンです。 

☆10月中旬前現場調査・見積提出⇒10月下旬東京都に申請⇒(約3カ月後)2月上旬東京都より交付決定⇒ご契約⇒3月上旬施工⇒3月中旬~下旬こどもみらい住宅支援事業の申請(申請受付の最終日が3月31日)




【ただし、上記スケジュールは令和5年3月31日までこどもみらい住宅支援事業の予算が残っている場合であり、途中で予算を満たした場合は制度が締め切られる場合がありますので、できるだけ早目のご検討をお勧めいたします。】(過去の同様の制度では予算前に締め切られた経緯があります。)



現在、お問い合わせがある東京都のお客様は、全員が「東京都」と「こどもみらい住宅支援事業」の併用を希望されています。
特に、東京都の申請では受付から交付決定までが約3カ月かかりますので、ぜひ上記スケジュールをご参考いただいた上で補助金を使った窓の断熱リフォームをご計画ください。

************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
2
3
8
0
8
8
TOPへ戻る