本文へ移動

クリアさんの窓の店オフィシャルブログ

窓から暮らしを広げる

 過去のブログページはこちら
2020・12/12以前のブログはこちらからご覧いただけます。お手数ですが、バナーをクリック!

出窓でお困りの方へ朗報です!

2021-11-18
カテゴリ:窓
今から20~30年ほど前にブームだった「出窓」ですが、意外とお悩みの声が多いのがこの窓なのです。
以下、お悩み別の解決方法をご紹介します。

1)「結露」
出窓ではガラスが壁の外側に出ているため、その室内側のスペースに水蒸気が滞る原因があります。

結露対策として最もお勧めできるのが「真空ガラス」への交換工事です。

もう一つの方法として内窓もありますが、その場合は木製の窓枠部分がガラス面から離れているため、「対流」によって断熱効果が弱まり結露に対してもその効果が低くなることがわかっています。(内窓の場合、出窓スペースにものが置けなくなることもデメリットになります。)

2)「防犯」
一般的な出窓には面格子が付いていません。また、ガラス面についている大きめなピッチの格子は「組子格子」といって防犯上の効果は残念ながらありません。そこで、以下の二つの方法をお勧めしています。

A.出窓の正面のサッシ部分に「枠付けブラケット」という接続部品を使った面格子を取り付ける。(縦格子・横格子・クロス格子・井桁格子があります。)

枠付けブラケット面格子
B.11月にYKKapから発売された「出窓用マドリモシャッター」を取り付ける。
  出幅が20センチに限りますが、今までなかった出窓専用のシャッターです。
出窓製品に使える選択肢が増えたことで、今までのお悩みがより一層解決しやすくなりました。

出窓でお悩みのお客様はぜひともご検討ください!


************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

「寒さの我慢」は禁物です。

2021-11-17
カテゴリ:窓
「ヒートショック」という言葉が聞かれるようになって久しい昨今、その対策に浴室や脱衣室をできるだけ暖かく保つことの重要性は多くの人に知られるようになりました。

以下、循環器疾患の住宅内での死亡者数が月別の統計で表されているグラフです。
やはり、12月から2月までの3カ月間が最も死亡人数が多く、特に1月は夏の時期の2倍以上の数値になっています。
グラフ下にある悪性新生物(がん)の死亡数が季節に関係なく推移していることから比べると、いかに心疾患や脳血管疾患などが季節性のものかがわかります。

だからこそ、室温を改善することで疾患を防ぐことも可能になるのです。

以前、長野市内で内窓プラストを設置するお仕事があった際にお客様から聞いたお話があります。
千曲川沿いのこの寒い地域では、外で飼われている犬は6年程度しか生きられないということ。
室内で飼われている小型犬なら15年~20年もの寿命なのに比べ、なんと短命なのか驚いた記憶があります。

そんなことを考えてみると、現在多くの高齢者の方々が昔に比べて長寿になられているの一つに、この「室内温度」の違いに影響があるのではないかと分析しても間違いではないような気がします。

もちろん、食生活の改善や運動など健康寿命を保つための努力は必要ですが、最も長時間過ごす「室内」の温度が健康の大きな要因であることはまだまだ知られていない事実です。

特に冬の季節、高齢者の方はこたつや暖房器具の近くから動かない生活習慣になりがちですが、お部屋が快適な温度であればこたつから離れて家の中での活動量が大幅に増えることも実験結果からわかっています。

快活に動くことで高齢者の方が心身ともに健康を維持できるのですから、「室内を暖かくする」ことは贅沢ではなく健康寿命にとって最も必要なことの一つなのです。



************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

エコガラスの取材を受けました!

2021-11-10
カテゴリ:窓
一昨日、板硝子協会の「エコガラス」施工事例の取材を受けました。

今年7月に西日対策で「真空ガラススペーシアクール」をご採用いただいたS社様の事務所・工場に取材班と共に伺い、その効果についてのお話を聞いてきました。

西面の事務所と南面の工場の通路側のガラス面からのジリジリとした暑さに悩まれていたS社様。
空調を入れても窓際に近いところでの暑さを防ぐことはできず、またブラインドを閉じてしまうと閉鎖的な空間になってしまう…

そんな長年のお悩みを「真空ガラススペーシア」で解決できたらと、願いを込めての採用でした。

今回の取材を受けてくださったのは取締役のK様(現会長の奥様)。
「とにかく、事務所の環境が改善されました。」「太陽の熱が和らいだ感じです。」「今年の夏は、昨年に比べてエアコンの使用量が2~3割程度軽減しました。」と真空ガラススペーシアクールの実感を語ってくださいました。

また、社長様からは「もっと早く採用すればよかった!」とのお言葉も。

先日、60周年を迎えたS社様でしたが、その継続と発展は社員のお一人お一人を大切にされているからこそと取材中のK様の言葉の端端から感じることができました。今回の真空ガラススペーシアクールの採用も、そんな社員の皆さんが長時間過ごされる社内環境の改善に繋がり、私もそのお役に立てたことを大変嬉しく思いました。

今回取材した記事は12月には「エコガラス」のHPにUPされる予定です。
建築ジャーナリスト二階さんがさらに詳しく、わかりやすく興味深い文章でまとめてくださいますので、ぜひ楽しみにしてください。

世界のどこかで異常気象による災害が多発している現在、地球温暖化のために私たちができることの一つが住宅の断熱化です。
快適さとエコが両立できる「真空ガラススペーシア」は、数ある住宅の断熱化の中でもっとも簡単にできる工事と言っても過言ではありません。

夏の暑さはもとより、これから迎える真冬の寒さ対策はぜひとも「窓」からお考え下さい。




エコガラスHPはこちら



弊社ショールームの入り口でも採用しています。実物がご覧になれる数少ないショールームの一つです。


************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

侵入抑止なら「防衛くん」です!

2021-10-15
カテゴリ:窓
侵入抑止と言えば「防衛くん」

室内取り付け型・開閉式防犯シャッターの「防衛くん」を開発した錠前会社の元会長さんのお話をご紹介します。

 実は自宅にドロボウが入りました。事件当日は家族が不在で、夫人は一人で家にいたのですが、午後の8時にもかかわらず消灯していたため、侵入者は安心して犯行に及んだようです。
夫人と侵入者は暗闇で鉢合わせになり、幸い侵入者は自分の思惑に反して人がいたため、夫人を突き飛ばし慌てて逃走したといいます。
事件後、夫人はその時の恐怖体験と防犯対策を元会長に強く訴えました。お恥ずかしい話ですが、入られて初めて防犯の大切さに気が付きました。

セキュリティシステムはドロボウが入ってから警備員が駆け付けますが、それでは遅いのです。
玄関のカギはもちろん交換しましたが、それでも不安で悩みに悩んだ末、外につけるシャッターを室内に取り付けました。
それでやっと安心することができましたが、そのため様々な問題が出てきました。
価格が高いことにびっくりし、室内の圧迫感や閉塞感もぬぐえません。

そこで、この体験を生かし、低価格で自由に開閉でき、インテリアの邪魔にならない室内専用シャッター「防衛くん」が開発されました。
気軽に取り付けられることで、少しでも多くのご家族が安心して暮らせるようにと願いを込めて…。(今は亡き会長さんのお話でした。)



弊社ショールームの入り口でも採用しています。実物がご覧になれる数少ないショールームの一つです。
「防衛くん」は発売されてから20年近く経ちました。
以前はジャバラのつなぎの部材が金属製でしたが、お子様の「指はさみ」の危険性を考え強固な樹脂製にするなどマイナーチェンジによる進化もしています。

ポイントは500kgの圧力に耐える頑丈設計。
強度テストにより十分な耐久性と強度が実証されたアルミ素材で製作されていますが、軽量化することでスムーズな動きが実現されました。

逮捕されたドロボウの聞き取り調査によれば、90%が「侵入に手間どる家は避ける」と答えています。*(財)都市防犯研究センターより
「防衛くん」の堅牢なたたずまいは室外にもダイレクトに伝わりドロボウを牽制します。


 

たたむとこんなにコンパクト。カーテンでも隠せます。
10件のうち1件は一度はドロボウに入られているという調査結果も出ているほど「我が家は大丈夫。」とは言えない現実があります。

「防衛くん」は金銭だけでなく、大切な命を守るツールになります。

ぜひお客様の防犯対策の一つとしてお考え下さい。


************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************

「エコ引違い」で西日対策。

2021-10-09
カテゴリ:窓
ここ数日、夏の暑さが戻ったような日が続いています。
それでも、暑すぎることもなく寒くもないこの爽やかな時期は貴重なひととき。 
朝夕に窓を開けて入って来る風の心地よさが感られるのも、後ひと月ぐらいでしょうか。

さて、今日はこの時期はもとより、通年に渡ってお役に立てる製品「エコ引違い」の施工例をご紹介します。
「エコ引違い」は涼しい風は取り入れながら安心してお過ごしいただけるルーバー式引違い雨戸。
スタイリッシュでモダンな外観は、戸袋がないせいか和風洋風の住宅を問いません。
 
ルーバーを閉じれば「雨戸」として、ルーバーを開ければプライバシーを守りながら換気機能。
今まで多くのお客様からご満足いただいた窓製品の一つです。
室内から見た「エコ引違い」

 
さて、今回ご紹介するのは築22年のT様邸。
1階和室と2階寝室が西面にあるため、掃き出しから容赦なく入って来る強い日差しを何とか解決したいというのがT様からのご要望でした。
 
特に2階の寝室では、西日対策のためにベランダに日よけネットを取り付けていましたが、経年劣化による取替えや取り付け時の危険性があるため、長期にわたって安心して設置できる製品を探されていました。
一部分のスラットを閉じてプライバシー保護に
全てのスラットを閉じれば雨戸になります。
2階のベランダでは日よけネットが不要になりました。
T様からは「猫ちゃんのためにも夜間安心して換気ができる!」、「開閉がスムーズで新築みたい!」と大変喜んでいただきました。
もちろん、西日対策の効果も大満足。
 
換気ができるシャッターとして「通風機能付きの電動シャッター」が各社から発売されていますが、同じような通風機能を持つ「エコ引違い」はコストパフォーマンスの点でも負けません。

クリアさんの窓の店、イチオシです!
アルミ製の「エコ引違い」は耐久性も抜群!


************************


 
 
 
◆ 一般社団法人 ロングライフラボについて
************************
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
2
3
8
0
8
3
TOPへ戻る