本文へ移動
株式会社クリア
〒400-0867
山梨県甲府市青沼2丁目23-14
TEL.055-226-8887
FAX.055-298-6762
0
4
1
3
1
4

防音を極めたガラス「ソノグラス」

プラストに「ソノグラス」を入れてでさらに防音性能UP!

 

防音の方法として一般的に知られているのは「内窓」または「二重窓」で、既存の外窓の室内側にもうひとつの窓を設置する方法です。

内窓の気密性により特に日本に広く普及している引き違いサッシの隙間を大幅に軽減し音の侵入を防ぐことができるようになりました。

 

さらにその性能をUPさせるなら、最も広い面積を占めるガラス部分を「防音合わせ硝子」にする組み合わせです。

 

 

 

ソノグラスの構造と性能

ソノグラスの防音特殊中間膜は、騒音によっておこる振動を熱に置き換え、音の波を消滅させる原理を用いています。

また、「合わせガラス」のため、割れた際の飛散防止性能による災害に対する安全性、さらに衝撃物に対する耐貫通性能も高いガラスです。

さらに、画期的な機能としては中間膜の強靭さにより「防犯ガラス並み」の性能を持つこと。

防音安全防犯 3つの機能を持つガラス それが「ソノグラス」なのです。

ガラスの遮音性能は、一般的に板厚が大きいものほどその性能が高くなるといわれていますが、板厚が大きいものでも高音域の周波数において透過損失が落ち込む「コインシデンス効果」が発生するデメリットがあります。

周波数による「コインシデンス効果」が少なく、安定した遮音性能が発揮できるガラスとして、防音合わせガラス「ソノグラス」が最も適したガラスと言えます。

*透過損失測定値はソノグラス6.8㍉はJIS等級T-2、ソノグラス12.8㍉はJIS等級T-3をクリアしています。

「ソノグラス」で静かな暮らしを実現!

気密性の高い内窓の設置で断熱性能をUPし、その内窓に防音硝子「ソノグラス」を入れれば、最強の開口部に生まれ変わります。

 

*高性能開口部の組み合わせ例

高気密内窓「プラスト」+防音合わせガラス「ソノグラス」   

プラストだけでも最大-45dbなので、80db(地下鉄内・幹線道路交差点)→35db(図書館)まで減らせます。

(6ミリ透明ガラス入りT-1アルミサッシ++5ミリ透明ガラス入りプラスト 枠間距離108.5ミリの場合)

 

*ペアガラスの場合は中低音域で「共鳴透過現象」(2枚の板の共振現象)、高音域で「コインデンス効果」が出現するため、異厚(2枚のガラス厚を同じにしない)ガラスの選択が望まれます。

 

「防音」・「安全」・「防犯」・「断熱」(断熱効果は内窓に入れた場合のみ)のお悩みを一気に解決できる防音合わせガラス「ソノグラス」はコストパフォーマンスの点でもお勧めガラスです。

防音合わせガラス「ソノグラス」についてもっと詳しく

 お問い合わせはこちら
※メールフォームご利用で5%オフ!
TOPへ戻る